伊賀情報

伊賀市の地域食堂「わいわいいがっこ」がスタートします

伊賀市の地域食堂の表紙

子どもから大人まで、みんなで集まってわいわいできる場所。
「地域食堂」が伊賀市にオープンします。

子ども食堂や地域食堂ってテレビなどで聞くけど実際どういうものなの?

私自身、幼稚園児・小学生を育てているママです。
とても気になるので調べてみました。

2020年1月にスタートする「わいわいいがっこ」という地域食堂についての情報も随時更新していきます。

伊賀市内の地域食堂・子ども食堂への取り組み

子どもやその親、および地域の人々に対し、無料または安価で栄養のある食事や温かな団らんを提供するための日本の社会活動。2010年代頃よりテレビなどマスメディアで多く報じられたことで動きが活発化し、孤食の解決、子どもと大人たちの繋がりや地域のコミュニティの連携の有効な手段として、日本各地で同様の運動が急増している。
引用元:wikipedia「子ども食堂」

子ども食堂と地域食堂の明確な区分は定義されていませんが、より幅広い世代に参加してもらえるよう「地域食堂」と名付けるところもあるようです。

伊賀市で広がる地域食堂・子ども食堂の活動経緯

2019年6月
「地域食堂やってみた〜い」講座開催
主催:伊賀市社会福祉協議会

2019年8月
おためし地域食堂実施
主催:伊賀市社会福祉協議会

伊賀の地域食堂おためし会の様子引用元:伊賀タウン情報YOU多世代交流の担い手を伊賀「おためし地域食堂」

2019年11月
壬生野(みぶの)地区で子ども食堂「みんなの食堂」開催
主催:NPO法人いが創造塾 壬生野地域まちづくり協議会教育文化部会

今回2020年にスタートするのは赤井家住宅でおこなわれる「わいわいいがっこ」という名称の地域食堂です。

伊賀市の地域食堂「わいわいいがっこ」について

 

この投稿をInstagramで見る

 

Soichi Naganuma(@atomsoone)がシェアした投稿

施設名 わいわいいがっこ地域食堂
場所 赤井家住宅(伊賀市上野忍町2491-1)
参加費 子ども(小中学生):無料
高校生以上:300円
問合せ先 090-5854-7761
わいわいいがっこ実行委員会

赤井家住宅(あかいけじゅうたく)は伊賀の城下町に現存する武家屋敷の一つ。
アートなどのイベントにも使われる場所です。

「わいわいいがっこ」実施予定(2020/1/8現在)
  • 実施日:1/19(日)・1/25(土)・3/14(土)
  • 時間:11:30~13:30
    雨や雪が多い場合は中止する場合あり
  • 上限50食
  • アレルギー食非対応
  • お試し期間として上野西小学校校区の児童が対象
    小学校から申込書が配布されています。

情報が入り次第こちらの記事へ追記していきます。

1/19(日)開催の様子がレポートされています。

晴天に恵まれ、約50人の家族が食堂に集まり、大盛況でした。
今回のメニューはカレーライスのほか、数種類のおかずとミカンです。
この活動には、募金をしてくださった方、野菜を提供してくださった方など
たくさんの個人、団体が支援をしています。

引用元:伊賀市ゆめポリスセンター&伊賀市市民活動支援センターブログより

食事だけでなく、パズルやけん玉など親子で遊べる遊具も準備されている模様。

赤井家住宅での子ども食堂は、今後1月25日(土)、3月14日(土)の11:30~13:30に開催します。
来年度は本格的に活動を行う予定です。

引用元:伊賀市ゆめポリスセンター&伊賀市市民活動支援センターブログより

子ども食堂にまつわる話

子ども食堂について調べているとこんな情報が。
大阪の枚方市樟葉にある「みん里0円こども食堂

こちらの子ども食堂を伊賀市のパン屋「マームベランダ」さんが応援しています。マームベランダの看板樟葉はマームベランダさんが以前にお店を開かれていた場所。
こうして地域との縁が続いているって素敵なことですよね。

地域のコミュティが薄れつつある伊賀の市街地。

この子ども食堂をきっかけに幅広い世代の人たちとの交流が生まれるといいな、と願っています。